レボセチリジンはアレルギーの症状を抑えてくれる効果が期待されており、レボセチリジンを成分として含んだザイザルはアレルギーの薬として利用されています。アレルギー症状が辛すぎて精神的に病む前にザイザルで治療しましょう。

  • ホーム
  • アレルギー症状は軽視できない!アナフィラキシーとは

アレルギー症状は軽視できない!アナフィラキシーとは

基本的にアレルギー症状の発症リスクは1年中ありますが、やはり一番多いのがアレルゲンが多い春先といえます。
春先は草木が新し命を次につなぐために花粉を出すのですが、その花粉と花粉に付着する化学物質が体内に入り込むことでアレルギー症状を引き起こすからです。
そんなアレルギー症状ですが、一般的な認識としては肌がかゆくなるか鼻水やくしゃみが止まらないというのが症状の認識として多いといえます。
もちろんこの一般認識は決しては間違ってはいないのですが、ただ先にあげた症状はあくまで軽症で済んでいるというだけの話です。

アレルギー症状が何らかの形で進行してしまった場合、どんな症状が起きるのかという答えがアナフィラキシーです。
アナフィラキシーは体の抗体がアレルゲンに対して行動を起こす際に過剰反応することで細胞組織を壊してしまうことです。
抗体は体の中に有害物質が入り込んだ時に、その毒が体中を巡り街となる前に無害化させる役目を持っています。
そのため抗体の活動自体は問題ないのですが、ただ脳は断続的にアレルゲンが入るような状況になると危険物のレベルを引き上げて記憶してしまいます。
その危険物のレベルが引き上げられた状態になった時に、再び同じアレルゲンが入り込んだことがわかるとこれまで以上に抗体を分泌して無害化しようとするのです。

抗体の活動は見た目にはわからないが有害物質を無害化するほどに強力なものなので、適正な量であれば先に言った鼻水やくしゃみそして涙程度で終わるはずが次々と付着した組織を攻撃します。
その攻撃された細胞が炎症を起こし限界を迎えると、その細胞が膨れ上がって機能不全を起こします。
この状態がアナフィラキシーショックと呼ばれる重篤な症状を引き起こし、晴れ上がった細胞が気管支に起きれば呼吸困難を引き起こし最悪のケースとして命にかかわります。

呼吸困難となる重篤のアナフィラキシーショックになったときには、家族がいれば助けを呼んでもらい一人暮らしであれば外に出て助けを呼んで医療機関を受診することが命の境目になるのです。

自分のアレルギーについて知っておこう

アナフィラキシーショックは命の危険があるとわかっていても、実際にいったいどんなアレルゲンがあるのか知るのは難しいです。
それは症状を持っていたとしても、脳が危険なものであると完全に認識しなければ症状は出ないか軽いだけなので見過ごすことが多いからです。
ただ見過ごしはやはり危険であり、アレルゲン症状の力を強めてしまうような物質に触れる環境化にいた場合眠っていたアレルギーが起きて突然症状として目覚めることがあります。
そのため現在全く症状がなくても、これから先の人生を考えて一度は医療機関でアレルギーチェックを行うことが大事です。

アレルギーチェックを行うために、基本的に内科外科そして皮膚科耳鼻科問わずに申請すれば行ってくれます。
その方法としてはおもに2種類であり、一番多いのが血液検査です。
血液検査では注射によって適量の血液を採取した後に、その血液の中にある白血球などの抗体に対して記録されているアレルゲンを注入して反応を見ます。
そして反応があった順にレベル別で数値化していき、その数値化したもので値が多いものが自身の中で危険物として認識されているものということになるのです。
その数値を見て危険視されているものがわかれば、後はその物質に触れないように装備を整えるとともに相乗効果を発揮するものは近づけない生活をすることで重篤化を未然に防げます。

もう一つの検査方法は皮膚パッチ方法で、これは種類別に分かれたアレルゲンを培養液に溶かして液状にして布などにしみこませた後に手の甲に張り付けて状態を見ることです。
皮膚は第2の心臓といわれるほど、体の状態が一番わかりやすい形で現れる部分です。
そこにアレルゲンとなるものを接触させて、その部分が赤く腫れあがるようであれば反応していることがわかります。
この方法のメリットは検査別の分かれている種類以外にもアレルゲンがあった場合において、それを引っ付けて調べることで正確に判断することが可能という点です。