レボセチリジンはアレルギーの症状を抑えてくれる効果が期待されており、レボセチリジンを成分として含んだザイザルはアレルギーの薬として利用されています。アレルギー症状が辛すぎて精神的に病む前にザイザルで治療しましょう。

  • ホーム
  • 地域によって花粉の種類や飛散量は異なる

地域によって花粉の種類や飛散量は異なる

日本人のかなりの人が花粉症を患っています。
ほとんどの人がスギ花粉でつらい思いをしていますが、必ずしもスギだけとは限りません。
国内にはいろいろな種類の樹木があるため、他の植物の花粉によって花粉症を発症する人も多いです。

北海道にはスギがないから花粉症を発症しないと思ったらシラカバがあるために、鼻水や目のかゆみに悩まされることもあります。
シラカバは北海道で発症する花粉症の代表的な植物です。
スギと同時期ではなく、スギが落ち着いてきた4月ごろから飛散します。

ヒノキの花粉症もとても有名です。
スギが終わってもヒノキがあるから花粉症の症状が出る期間が長くなる人は多いでしょう。
ヒノキは3月後半くらいから飛散しています。

日本国内では、このほかの植物の花粉もあります。
有名な植物が以上の3つですが、地域によって飛散する時期に多少差があります。
スギはたいてい関東が一番早くピークを迎えるでしょう。
ただ、他の地域と比べてもそれほどピークが来るまでに時間差はありません。
ただ、関東が最もピークの期間が長くなります。

ヒノキも関東が最も多く飛散します。
他の地域は関東ほどではないものの比較的多く飛んでいます。
スギと同様ヒノキも北海道ではほとんど飛散しません。

日本だけではなく、世界的に見ても何らかの植物がありますので、何かの花粉症の人は他の植物に対しても症状が出るかもしれません。
花粉の飛散は春が有名ですが、秋も植物の花粉が多く飛散するので注意が必要です。
また、とても敏感な人の場合は真夏の暑い時期以外、スギ花粉は少量飛散しているので、ほとんど一年中対処しないといけないかもしれません。

伐採するにもコストがかかる

花粉の飛散を抑えたいのなら、木を伐採すれば良いじゃないかと考える人もいます。
無花粉スギがあり、どんどん増やして植林しています。
ただし、元々木材を使おうと思って大量にスギやヒノキを植林したために、簡単には伐採しきれません。

本数があまりにも莫大になったこともそうですが、伐採自体にかなりのコストが必要です。
木材として使えれば良いですが、海外の木材が安く入ってくるためにあまり日本の木材は高く売れません。
一部のブランド化された木材なら高値で取引されています。

たとえ伐採したとしても、その後に違う樹木を植林するとなると莫大なコストがかかります。
その分、木材が高く売れれば良いのですが、それが難しいので間伐材として活用するくらいです。
または、枝打ちして花粉が飛ばないように防ぐことくらいでしょう。

コストがかかるために、ずっと放置され続けた樹木がどんどん成長したために、花粉の飛散量が増えてしまいました。
ただし、スギは土砂崩れを防ぐことができる上に、二酸化炭素を多く吸収してくれるので、決して悪者とは言えません。
メリットも十分ありますが、このまま成長し続けると今以上に花粉の飛散量が増える恐れもあります。

大きくて太い立派な木材になる樹木はたくさんありますが、需要がありません。
今ではそんなに大きな木を必要としている家を建てる人が少なくなりました。
このような時代背景も重なったために伐採が進んでいません。

少しでも貢献したいと思ったら、間伐材を使用した商品を積極的に買うことです。
割りばしも間伐材が使われていることがあります。
パッケージに間伐材使用と書いてある商品を買ってみましょう。
一人一人が力を出せば間伐が進むはずです。