レボセチリジンはアレルギーの症状を抑えてくれる効果が期待されており、レボセチリジンを成分として含んだザイザルはアレルギーの薬として利用されています。アレルギー症状が辛すぎて精神的に病む前にザイザルで治療しましょう。

  • ホーム
  • 花粉症アレルギーには乳酸菌?ヨーグルトが効果的かも

花粉症アレルギーには乳酸菌?ヨーグルトが効果的かも

鼻水や目のかゆみ、くしゃみなど花粉症に悩まされている人は多く、毎年花粉症情報が頻繁に流れるほどたくさんの人がアレルギー症状に悩まされています。
花粉症アレルギーに乳酸菌が効果的と言われておりヨーグルトを食べることで症状が緩和するという話を聞いたことがある人も多いと思います。

私たちの腸の中には、多い人では1000種類ほどの細菌が100兆個も住み着いていると言われています。
その細菌には体にプラスに働く善玉菌とマイナスになる悪玉菌があります。
善玉菌が減ると悪玉菌が増加し、善玉菌が増えると悪玉菌が減るというようにバランスを取り菌の総量は変わりません。
腸には免疫細胞がたくさんあり、悪玉菌が増えて腸内環境のバランスが乱れると、便秘になったり、風邪やインフルエンザをひきやすくなったりするほか、花粉症などのアレルギーが発症しやすくなります。

花粉症アレルギーで悩んでいる人におすすめのヨーグルトは、善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果がある身近な食品です。
乳酸菌は発酵の過程で乳酸などの有機酸を作り出し、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整えます。
ヨーグルトには、悪玉菌を減らして腸内で腐敗することを防いだり、腸管を刺激して腸のぜん動運動を活発にする効果があるため腸の健康をサポートすることができます。
さらに乳糖が善玉菌の栄養になって善玉菌を増殖させ、腸内細菌のバランスを良い方向に向かわせることができるのです。

腸内細菌のバランスが整い健康的になると、免疫機能の乱れが改善されて様々な健康効果を期待することができます。
花粉症アレルギーの症状を予防したり、症状を和らげたりする効果があり、花粉症に効果があるというビフィズス菌や乳酸菌シロタ株などが有名です。
花粉症アレルギーへの効果が認められた研究結果がある乳酸菌を摂取することで、花粉症の時期になっても症状がでなかったり、軽かったりするという人は多く、試してみて欲しい手軽に摂取できる食品です。

ヨーグルトは毎日続けることが大切

腸内環境を整えることで、善玉菌が増えて便秘が解消する効果があるというイメージのヨーグルトは、毎日食べることで免疫力が高まり風邪やインフルエンザの予防や花粉症アレルギーの予防の緩和にも効果的です。
ビフィズス菌の中でも効果が検証されている乳酸菌シロタ株が含まれているヨーグルトを摂取することで、普通のヨーグルトよりも症状を改善できる可能性が高く、花粉症による鼻や目の症状がつらい人におすすめです。

花粉症アレルギーの症状を緩和するためにヨーグルトを試してみたいという人におすすめの方法は、短期間ではなく、毎日しっかり続けることです。
ヨーグルトは薬ではないので、摂取したからと言ってすぐに効果を感じることができる物ではありません。
ヨーグルトを摂取することで腸内環境を整え、健康的な腸にすることで免疫力が高まりアレルギー症状が出にくくなるという仕組みなので、毎日続けることが大切です。

症状が出るのは少なくとも1カ月前くらいから毎日ヨーグルトを摂取することで、少しずつ腸内環境が整い、免疫機能も少しずつアップすることが期待できます。
免疫系のバランスを整えて体質を改善していくためには時間がかかるというわけです。
またヨーグルトに含まれている乳酸菌は、摂取したからといってずっと腸に留まる物でもありません。

腸の中に乳酸菌を増やしていくためには、毎日補給することがとても大切なポイントです。
摂取をやめてしまうと再びバランスが崩れて悪玉菌が増殖し、善玉菌が減少していくので、朝食やおやつなど、毎日の習慣にすることをおすすめします。
手軽に摂取できる飲むタイプのヨーグルトもあるので、自分の好みや気分に合わせて選ぶこともおすすめです。