レボセチリジンはアレルギーの症状を抑えてくれる効果が期待されており、レボセチリジンを成分として含んだザイザルはアレルギーの薬として利用されています。アレルギー症状が辛すぎて精神的に病む前にザイザルで治療しましょう。

  • ホーム
  • 花粉症以外にあるアレルギーについて

花粉症以外にあるアレルギーについて

アレルギーとは体の防衛反応です。
体に入ってきた異物、汚染物質に対して身を守ろうと、過剰に反応してしまう状態となります。
アレルギーの原因となるアレルゲンに対する症状としては、じんましん、かぶれ、かゆみ、鼻炎、呼吸困難などの喘息症状があります。

その症状はアレルゲンに接してすぐ出る場合もありますし、24時間くらいたってから出る場合もあります。
ひどい症状となると、急に体に発疹が広がったり、息苦しくなって顔色が悪くなり、ぐったりしてしまうものもあります。
状態がひどくおかしいと感じたら、ためらうことなく救急車を呼んでお医者さんに行くことです。

最悪の場合は急に血圧に変化が起き、死亡してしまう場合もあります。
軽いものでは初めは鼻水、くしゃみから始まり、それが止まらなくなって、鼻が真っ赤になってしまいます。
柔らかい保湿性のあるティッシュがお肌に優しいです。

汚染物質は微小であることが多く、アレルギー物質を感じたら、すぐマスクをしたり、窓をあけたりなど、自分を守らなければなりません。
そのアレルギー物質とは家に普通にあるものや、虫などによるものなど、様々です。
血液検査で自分は何にアレルギー反応を起こしてしまうか、そしてどれくらいのレベルの反応を起こしてしまうかを知ることが出来ます。
数年前はあるものに対する数値が低くて安心していたのに、その後、激しく反応する状態になるということもあります。
アレルギーに負けない体にするためには、体質改善のためのお薬を飲むこともできますし、体を強くするように、水泳やジョギングなども効果的です。

食べ物では乳酸菌が効果があると言われています。
しかし、先ほども言いましたが、アレルゲンを察知した場合はすぐにそれを除去し、その影響を最小限にするように心がけましょう。
遠く離すだけで体調が戻ることもあります。
戻らない場合は、お医者さんから処方されたアレルギーに効くお薬を使ったり、状況によっては直ぐ受診しましょう。

ハウスダストなどの身近な汚染物質について

花粉症以外の、ハウスダストなどの身近な汚染物質をお教えします。
ひとにより、アレルギーが起きる物質は違います。
また、今はその物質に反応しなくても、将来的には変わる可能性もあります。
汚染物質は家の中ではほこりなどのハウスダスト、ダニなどの小さな生き物、湿気から生じるカビ、ペットの糞尿、毛等です。

また、煙草や花火の煙に反応することもあります。
蜂に刺されて出ることもあります。
ハウスダストに関してはこまめに掃除をする、カビに対しては部屋の風通しを良くする、カビの生えたものは処分する、カビの生えた壁紙は貼りかえるなどの対処をしましょう。
ダニに関しては掃除をまめにしたり、殺虫剤、防虫剤を使うことで対処が出来ます。

ペットに関しては、現在飼っている場合は、離れて住む家族などに引き取ってもらうという事や、それが出来ない場合はマスクをして、出来るだけ触れ合う時間を少なくするなどの工夫が有効です。
ペットの世話はほかの家族に任せた方が無難です。
アレルゲンとなる汚染物質は目に見えないような微小なものが多く、気が付いたら湿疹が出ている、呼吸が苦しくなってきていると気づいてしまうことが多いので、その症状に気づいたら、すぐにその場から離れましょう。

しかし軽い喘息症状ならば、薬でコントロールすることができます。
今まで花粉に反応しなかった人が急に花粉症になり、そこから喘息体質になってしまうこともあります。
おかしいなと思ったらすぐにマスクをするなどの対処をして、自分の体を守りましょう。
マスクは目の細かいものも売っており、顔にピッタリ添わせるもので、横から微小な汚染物質であるアレルギー物質が入り込まないように工夫しましょう。